京園について

ごあいさつ

オモニの代から私の代へ

みなさん、こんにちは。京園の女将、金英順(キム・ヨンスン)です。

青森へ帰って来て、もう20年の時が過ぎました。

オモニから受け継いだ頃は、まだ韓国料理といえば焼肉とキムチという時代でした。そんな中でもオモニはお客様に、メニーにはない韓国家庭料理をサービスで出していました。母が亡くなり、一人で始めた京園。心機一転。幼い頃から40年間、オモニの味で育った私たち家族は幸せでした。私は10才の頃からオモニの手伝いをしながら韓国料理を教わりました。我が家は昔から韓国料理を母のおかげで沢山食べさせてもらいました。家族全員、母の料理に満足!!

オモニが亡くなってもう15年。今でもオモニは私にとって料理の先生です。オモニは家庭料理、おもてなし料理、祝い料理、毎年行われている行事の正月料理に法事料理、全て手作り!亡くなった今でも、オモニには尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

京園の想い

そんなオモニを私はお手本にして韓国家庭料理を手間暇かけて作ってきました。オモニの料理に新しいアイディアを加えたメニューも沢山できました。韓国へ行っては有名店の味と比べたりしながら京園のメニュー一点一点手抜きせずお客様に提供しています。

本場韓国の名店料理を日本のお客様の好みの味に合わせて、一品一品工夫しながら提供しています。メニューに書いてあるだけでも100品以上。お店のメニュー表には載っていないものもあります。新メニューが出来てはお客様に食べていただき感想を聞きながら、メニューが増え続けています。

季節に合わせた手作りキムチだけでも、22種類作っています。料理のタレはざっと70種類以上になります。これも京園ならではの味を手作りで提供したいという思いからです。今や料理教室も9年目を迎えました。これは各家庭でも韓国料理が一品でも食卓にあがれば、という思いからです。

20年間、私はお客様に韓国料理の味を知ってもらい、そして愛して頂きたく頑張ってきました。今後も美味しいものを提供する為に惜しみなく努力する所存です。

韓国料理と京園のコンセプト

韓国料理は、古く宮廷料理をもとに栄養価の高い食材を薬食同源として用い、上品で食べやすく大変体にやさしい料理が数多くあるのが魅力です。陰陽五行の思想をもとに五味(甘、辛、酸、苦、塩)五色(赤、緑、黄、白、黒)を取り入れ海、山、陸のものをバランスよく組み合わせた料理が特徴です。

朝鮮王朝では、薬食同源の言葉通り、健康は食から、食べ物は体を治す薬であるという考えのもとに、王様の健康を考えた宮廷料理が作られてきました。京園の韓国家庭料理は薬食同源に基づく五味五色、彩りもよく、そして何よりも美味しい料理を提供いたします。下ごしらえの手間暇を惜しまず、全て手作りしております。

こだわり

  • 夜のお食事の座席は十四席。ご予約もこれ以上はできません。

    女将が全てのお客様に気を配り、韓国料理を知ってもらいながら食べてもらうため、座席数を制限しています。

  • 夜のお食事は、最高の状態でお出しできるように、ご予約限定とします。

    全て手作りにこだわり、下ごしらえに時間がかかるため、数日前からの予約をお願いします。

  • 付けダレ、調味料は、先祖伝来守り抜いた女将秘伝の調合です。

    別名『タレのキムさん』とも呼ばれています。その驚きの美味しさを堪能してください。